サイト管理人 のすべての投稿

中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 二 成功の条件は精神の集中だ

桑原健輔さんの抜粋の第7回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著  講談社+α新書

アンナプルナ
アンナプルナ

 

二 成功の条件は精神の集中だ

 

  「人間は誰でも、大した経験や学問をしなくても、完全な人間生活、いわゆる心身を統一できる人間であれば、男でも、女でも、誰でもひとかどの成功ができるようになっているのである。心身を統一し、人間本来の面目に即した活き方、どんなときも、『清く、尊く、強く、正しい積極的な心』であれば、万物創造の力ある神韻縹渺たる気と、計り知れない幽玄微妙な働きを持つ霊智が、量多く人間の生命の中に送り込まれてくるからである」(『運命を拓く』中村天風著 講談社)

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 二 成功の条件は精神の集中だ


福島県のN.Hさんからのお便り(2017.2.4)

 拝啓 今日は立春ですが、いかがお過ごしでしょうか。立春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。こちらはあたり一面銀世界です。もう少し汚れのない白一色の世界を楽しみたいと思います。
 冬は先生の本が大活躍します。『中村天風「生きる心得」』を3回読みました。スコットランドのフィンドホーンでの体験をもとに書かれた「いと高き者の子守り歌」が大変心に響きました。
 ニューヨーク州立大学病院のロビーに掲げられている詩「神のおもんぱかり」を以前読んだ時はよくわからず、ただ目だけで文字を追っていました。
 ところが今回は涙を流してしまいました。それでこの詩に出合えたことを感謝したくて筆を取りました。すばらしい詩をありがとうございました。毎朝音読しています。先生の本は道しるべです。健康に気をつけて、ご活躍をお祈りします。
 2017.2.4

中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 十一 「ありがとう」が運命を拓いた!

桑原健輔さんの抜粋の第6回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著  講談社+α新書

 

大空に舞う鷲
大空に舞う鷲

十一 「ありがとう」が運命を拓いた!

 

 「我は今、力と勇気と信念とをもって甦り、新しき元気をもって、正しい人間としての本領の発揮と、その本分の実践に向かわんとするのである。
 我はまた、我が日々の仕事に、溢るる熱誠をもって赴く。
 我はまた、欣びと感謝に満たされて進み行かん。
 一切の希望、一切の目的は、厳粛に正しいものをもって標準として定めよう。
 そして、恒に明るく朗らかに統一道を実践し、ひたむきに、人の世のために役だつ自己を完成することに、努力しよう」(甦りの誦句)

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 十一 「ありがとう」が運命を拓いた!


中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 七 宇宙霊のエネルギーとは

桑原健輔さんの抜粋の第5回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著

落暉
落暉

 

七 宇宙霊のエネルギーとは

   
 「およそ、人間の心のなかの思い方、考え方というもの、いわゆる『思念力』というものは、それはそれはすごい魔力のような力をもっているということを知っていなければ駄目だよ。魔力のような力をもって、もっともっと幸福に、もっともっと恵まれた人生にいきられるように生まれてきていながら、まだ意に満たない人生に生きている人が随分いるんじゃないかしら。だからそれを忘れないようにしなければ駄目だぜ。

 人間の地獄をつくり、極楽をつくるのも心だ。心は、我々に悲劇と喜劇を感じさせる秘密の玉手箱だ」(『ほんとうの心の力』中村天風著 PHP研究所)

 

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 七 宇宙霊のエネルギーとは


中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 六 宇宙の創造主と人間

桑原健輔さんの抜粋の第4回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著 講談社+α新書

 

朝のアンナプルナ
朝のアンナプルナ

六 宇宙の創造主と人間

 

 「心というものは、霊魂という気の働きを行なうための存在であり、心が思ったり考えたりすることによって霊魂の活動が表現される。そして心の行なう思考は、すべて個人の命の原動力となっている霊魂を通じて、その霊の本源たる”宇宙霊”に通じている。しかもこの”宇宙霊”は一切の万物を創造するエネルギーの本源である。この絶対関係を真剣に考えると、思考は人生を創るということに断然結論される」(『運命を拓く』中村天風著 講談社) 

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 六 宇宙の創造主と人間


中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 四 宇宙霊は鋭敏な耳をもっている! 

桑原健輔さんの抜粋の第3回目です。今回から一週間ごとに発表することになりました。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著  講談社+α新書

ヒマラヤの朝焼けの写真
ヒマラヤの朝焼け

 

四 宇宙霊は鋭敏な耳をもっている! 

 

  「我々がたった一人でいるときでも我々の背後には万物の造り主、万物の親である、宇宙霊という限りなき叡智を持ったものが控えている。

 そして、またその宇宙霊が、感覚鋭い耳を持っているのだ。

 いいか! 鋭敏な耳を持っているのだ。宇宙霊は!

 だからいやしくも人を傷つける言葉、勇気を挫くような言葉、あるいは人を失望させるような言葉、憎しみ、悲しみ、嫉みの言葉を遠慮なくいっている人間は、悪魔の加勢をしているようなものだ!」(『運命を拓く』中村天風著 講談社)

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 四 宇宙霊は鋭敏な耳をもっている! 


ロシアのウラジオストク Mさんからのお手紙(2017.1.1)

 神渡先生、新年明けましておめでとうございます。初めて手紙を差し上げます。私は先生の読者の一人で、Mと申します。先生がお住いの千葉県佐倉市の出身で、現在はロシアのウラジオストクで仕事をしております。
 先生の『中村天風「幸せを呼び込む思考」』(講談社新書)を読み、たいへん励まされました。それを個人の生活にも仕事にも活用させていただいており、本当に助かっています。小職が未熟であるということもありますが、ロシアという異なるビジネス習慣に身を置いているので、テクニック的なことでは通用しないことが多く、精神や気合の問題になることが多いのです。
 天風さんが過酷な状況でもまったく動じなかったというのは、とても参考になります。今後もウラジオストクを中心に活動しますが、先生のご著書のおかげで、うまくやっていけそうです。本当に感謝です。ありがとうございました。
M (2017.1.1)

中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 三 宇宙エネルギーを活用する

桑原健輔さんの抜粋の第2回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著  講談社+α新書 

 

天風さんが修業されたヒマラヤの写真
天風さんが修業されたヒマラヤの写真

三 宇宙エネルギーを活用する 

 

  「『我、いずこよりきたり、いずこに行かんとす。何のためにこの現象世界に人間として、生まれ来しや』

 考えて、考えて、考えつくまで半年かかった。しかし考えていくうちにだんだん魂の夜明けがきた。そしてようやく、宇宙の根本主体の持っている働きの方から人間を考えてみようという考え方が出てきたのである。

 人間それ自身の存在だけを考えると、いかにも哀れな、不幸なものに感ずることもあるが、宇宙の根本主体の持つ幽玄微妙な働きと、人間の生命との関係を考えると、これは大変な見当違いから生み出された間違いだと気付いたのである」(『運命を拓く』中村天風著 講談社)

                                                               

  天風の懊悩と悟り 

 肺結核という不治の病にかかり、病気治療のために行った欧米で万策尽き果て、もう日本で死のうと思い定め、マルセイユから船に乗った天風は、カイロでカリアッパと名乗るヨーガの行者に出会った。その詳しい経緯は拙著『宇宙の響きーー中村天風の世界』(致知出版社)で述べているのでここでは繰り返さないが、瀕死の状態にあった天風は直感した。(この人はおれがまだ知らないものを知っている! ひょっとするとおれの病を治せるかもしれない!)

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 三 宇宙エネルギーを活用する


2017年2月の予定

日時 演題 会場 主催団体 連絡先担当者

2/13(月)
18:00~21:00

中村天風「幸せを呼び込む」思考

崎陽軒本館6階
横浜市西区高島
2-13-12
℡045-441-8880

横浜志帥会

㈱パスポート
粟田
℡044-975-4800

2/25(土)
14:00~16:00

詩人坂村真民の風光
ゲスト
杉浦正吾(環境学博士)

ムーブ町屋会議室A
荒川区荒川7-50-9
千代田線、京成線
町屋駅下車1分

照隅会


℡090-2755-5402