横浜市 M.Kさんからのお便り(2016.4.22)

神渡先生 『アメイジング・グレイス 魂の夜明け』というすばらし本をありがとうございました。この曲は知っていましたが、先生のご本を読むまで、歌詞も歌詞に込められていた深い思いも知りませんでした。この歌が全世界で歌われ愛されている理由がわかったように思いました。

自分の力だけではない何かに応援され、導かれ、喜びを得た時、人は大いなるものへの感謝の気持ちを自然に抱きます。日々のいろいろなことに忙しくしていると、そのことに気づかなかったり、気づいてもそのことをよく考えてみたりすることなく、やり過ごしてしまいがちです。この本を読んで、日頃どれだけの応援や祝福を受けているのかということを改めて考えさせられ、感じることができました。

奴隷貿易船の中でメアリーに手紙を書くいくつかのシーンでは、その文面を読みながら、ジョンと一緒に広大な海や空をながめ、宇宙に包まれているかのような気持ちになりました。

オルニー村の教会での早天祈祷会の場面でも、田舎の早朝の気配を文面に感じ、まるでそこにいるかのような心地良さを味わいました。

神渡先生がおっしゃる瞑想や内省を本の中で、ジョンと一緒に体感したのかも知れません。ジョンもそうであったように、私たちも一人静かに自然の中に身を置き(実際には部屋の中でも良いのかも知れませんが)、周りと溶け込んで一体となったように感じることで、魂を解放させ、本来の姿を取り戻せるのではないか、そんなことも思いました。

「おわりに」で紹介なさっていた真民さんの詩も心に響きました。

  静かに座して
   宇宙無限の恩恵に感謝し
   日の光、月の光、星々の光を吸飲摂取して
   明るく楽しく生きてゆけ

「アメイジング・グレイス」の曲を聴くたびに、深くゆっくり深呼吸し、私の魂を感じてまいりたいと思います。そして大いなるものが導く光の方向へ向かって生きていきたいと思います、ありがとうございました。


東京都江東区 M.Sさんからのお便り(2016.4.23)

神渡良平先生 先日はご丁寧なお手紙をいただきまして、ありがとうございました。 またみなさんの読後感想文も同封していただき、感謝します。

それぞれの方が『アメイジング・グレイス 魂の夜明け』の書に触れ、また歌に触れて、魂が揺り動かされ、感動を深められていられるご様子に、私も深く共鳴いたしました。私もとても深い感動と感慨をもって、読み終わりました。

小学生のころ、ストウ夫人の『アンクル・トムの小屋』を読み、魂の深い部分に感動と共に衝撃が深く沁み込まれたことを、昨日のことのように思い出します。「アメイジング・グレイス」の歌を聴くたびに、なぜあれほど魂に迫ってくるのか、宇宙の根源的存在や神とのつながりを思い出し、清められ、洗われ、魂をふるわせる旋律に感動していましたが、歌詞の意味や作詞したジョン・ニュートン司祭のことは全く知りませんでした。

先生のご著書で、初めてジョン・ニュートン司祭の生涯を知り、歌詞の意味を知り、あらためて深い感慨を持って聴いています。
 また付属のCDも、ジョン・ニュートン司祭の魂と交流しながら、大切なシーンを書くとき、先生の書斎に流れていたCDであるとのことで、そのシーンを思い浮かべながら、同じCDを聴くことができ、より一層感慨無量です。

ジョン・ニュートン司祭こそが、世界に先駆け、人類初めての「奴隷貿易廃止法」の成立に人生をかけ、奴隷解放への道筋をつけた人だったのですね。決してあきらめない不屈で崇高な魂に、深い感動を覚えました。そして神が送られた同志たちの存在も、感謝でしかありません。偉大なる神の御業には驚くばかりです。結果的に「奴隷貿易廃止法」成立運動に、ジョン・ニュートン司祭ほど最適な人はいなかったと思われます。

自堕落で、投げやりで、享楽的生活。奴隷船の乗組員、そして船長。危うく難破するところを奇跡的に生還。回心により聖職者の道へ。早く亡くなった信心深い母親に深い愛を受けて育った魂が基本的にあったからこその道のり。何もかもが神の恩寵ですね!

ジョン・ニュートン司祭は悲惨な黒人奴隷制度を解消するために、神が送った人であり、さまざまな苦渋を体験させて育てた人でした。彼は神の期待に見事に応え、使命を果たされた崇高な魂です。

この方の存在を知ることができ、本当にありがたく思います。そして共に闘ってくれた同志ともいうべき方々にも、本当に時代を超えて、感謝の思いで一杯です。この歌がアメリカに渡った苦難を生きる黒人奴隷や、迫害され続けた少数民族たちの生きる支えとなって、歌い継がれてきたということにも驚き、感動致しました。

この作品は神渡良平先生が、長きにわたり世界各地で取材をされ、ジョン・ニュートン司祭の魂と深く交流して書かれた渾身の作だと思います。この書を世に送りだして下さったことを、心より深く感謝申し上げます。

『アメイジング・グレイス 魂の夜明け』……なんと素晴らしいタイトルでしょうか。扉書きに書いて下さった「光のなかへ」の言葉を、いま改めてかみしめています。有り難うございました。心より御礼申し上げます。

M・S


東京都品川区 K.Hさんからのお便り(2016.4.22)

前略 『アメイジング・グレイス――魂の夜明け』を拝読しました。またアイカさんのCDを聴かせていただき、静かな時間を味わっております。東京に出てきて以来、あわただしい時間を過ごしておりましたが、このご本で魂が還っていく故郷があるということを思い出させていただき、深い安らぎを覚えております。

ご本にあふれていた静けさは、かつて訪れた騒々しいカルカッタの街とはまるで違うマザー・テレサの静かな祈りにも似て、心に染み入ってまいりました。

この度、九州が地震に襲われました。親戚や友人たちが多く住んでいるので、心躁ぐことが多かったのですが、そんな時、先生の『アメイジング・グレイス――魂の夜明け』を手にしました。そして預けきることの安堵感に気づかされて、何というタイミングでご本を手にしたのだろう感謝しています。

日本はまた大きな試錬に直面しています。この内面の静けさを見失うと、ただあたふたし、未来を心配するだけになってしまうと思いました。神さまは今度の地震で何を伝えようとなさっているのか、祈り求めたいと思っています。

本当によいご本を書いてくださったことに心から感謝します。

草々


N.Mさんからのメール(2016.4.19)

 ご本が届きました。ありがとうございます。「アメイジング・グレイス」を初めて耳にしたのは、さだまさしさんの「風に立つライオン」ででした。その時、訳もなく涙があふれ、止まらなくなったことを思い出しました。自分でもなぜかわからなかったのですが! 後に、ナナ・ムスクーリの歌を聞いて、そして、その歌詞を読んで、再び魂のそこから沸き上がるものを感じました。なぜあの時、涙が溢れ、止まらなくなったのかがわかりました。作者の魂の思いが私の心に染み入ったからです。