ロシアのウラジオストク Mさんからのお手紙(2017.1.1)

 神渡先生、新年明けましておめでとうございます。初めて手紙を差し上げます。私は先生の読者の一人で、Mと申します。先生がお住いの千葉県佐倉市の出身で、現在はロシアのウラジオストクで仕事をしております。
 先生の『中村天風「幸せを呼び込む思考」』(講談社新書)を読み、たいへん励まされました。それを個人の生活にも仕事にも活用させていただいており、本当に助かっています。小職が未熟であるということもありますが、ロシアという異なるビジネス習慣に身を置いているので、テクニック的なことでは通用しないことが多く、精神や気合の問題になることが多いのです。
 天風さんが過酷な状況でもまったく動じなかったというのは、とても参考になります。今後もウラジオストクを中心に活動しますが、先生のご著書のおかげで、うまくやっていけそうです。本当に感謝です。ありがとうございました。
M (2017.1.1)

中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 三 宇宙エネルギーを活用する

桑原健輔さんの抜粋の第2回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著  講談社+α新書 

 

天風さんが修業されたヒマラヤの写真
天風さんが修業されたヒマラヤの写真

三 宇宙エネルギーを活用する 

 

  「『我、いずこよりきたり、いずこに行かんとす。何のためにこの現象世界に人間として、生まれ来しや』

 考えて、考えて、考えつくまで半年かかった。しかし考えていくうちにだんだん魂の夜明けがきた。そしてようやく、宇宙の根本主体の持っている働きの方から人間を考えてみようという考え方が出てきたのである。

 人間それ自身の存在だけを考えると、いかにも哀れな、不幸なものに感ずることもあるが、宇宙の根本主体の持つ幽玄微妙な働きと、人間の生命との関係を考えると、これは大変な見当違いから生み出された間違いだと気付いたのである」(『運命を拓く』中村天風著 講談社)

                                                               

  天風の懊悩と悟り 

 肺結核という不治の病にかかり、病気治療のために行った欧米で万策尽き果て、もう日本で死のうと思い定め、マルセイユから船に乗った天風は、カイロでカリアッパと名乗るヨーガの行者に出会った。その詳しい経緯は拙著『宇宙の響きーー中村天風の世界』(致知出版社)で述べているのでここでは繰り返さないが、瀕死の状態にあった天風は直感した。(この人はおれがまだ知らないものを知っている! ひょっとするとおれの病を治せるかもしれない!)

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 三 宇宙エネルギーを活用する


中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 一 「ありがとう」という魔法の言葉

桑原健輔さんの抜粋の第1回目です。

中村天風「幸せを呼び込む」思考     神渡 良平著  講談社+α新書

 

天風さんが修業されたヒマラヤの写真
天風さんが修業されたヒマラヤの写真

一 「ありがとう」という魔法の言葉

 

  「感謝と歓喜の感情は、宇宙霊に正しい力を呼びかける、最高にして純なる合図ともいえる。

 否、それは、我々の運命や、健康や、成功などを建設し、または成就してくれる、造物主の力の流れを、命の中に導き入れる”筧”のようなものである。だからこそ、何事にも感謝せよ、歓喜せよというのである」(『運命を拓く』中村天風著 講談社)

 

 自分を活かす肝腎な知識はゼロ

  言葉というもの、もっと言えば、言葉を発する以前の、私たちの頭の中で考えていることが、私たちの人生にどれほど大きな影響を与えているか、私たちはまだそのことに気づいていないようである。中村天風自身が、

「私は『言葉』というものがそんなに重大な影響を持っているものとは少しも知らなかった」と述懐しているように、昔は平気の平左で悪口雑言も使っていたようだ。だからこそ肺結核という疫病神を自ら招いてしまい、生死の境をさまようことになってしまったのだ。

 しかし、絶体絶命の状況に追い込まれ、何とか生きようともがいたので、ついにヨーガの導師カリアッパ師に出会い、その許で修行して、言葉の持つ重大な影響に目覚めた。その目覚めのくだりを『運命を拓く』(講談社)に書いているので、それに準拠して述べよう。

続きを読む 中村天風「幸せを呼び込む」思考 神渡 良平著 講談社+α新書 - 一 「ありがとう」という魔法の言葉


新連載のお知らせ

 

『中村天風「幸せを呼び込む」思考』の表紙
『中村天風「幸せを呼び込む」思考』の表紙

 先日、山口県の田布施町にお住いの読者桑原健輔さんから次のようなお手紙を頂戴しました。それで松山に出張したおり、桑原さんとお会いし、私がお手伝いできることは何かと話し合いました。そして桑原さんが拙著『中村天風「幸せを呼び込む」思考』(講談社新書)の中から抜粋されたものを、2週間に一度、私のHPに掲載したらどうでしょうかと提案しました。桑原さんが了承されたので、掲載することになりました。
 みなさま、どうぞご笑覧ください。そして感想を桑原さんや私に聞かせていただければ幸いです。なにとぞ、よろしくお願いします。

 

 拝啓 秋冷の候、先生にはますますご健勝にてご活躍のこととおよろこび申し上げます。
 突然、手紙を差し上げる失礼をお許しください。小生は81歳の老人です。6年前、肺がんにかかって左肺の上部を切除しましたが、その後経過がよく生きながらえております。
折角肺がんという死亡率の高い病気で救われたのだから、病気や事故などで苦しみ、あるいは再起に不安を感じながら闘病生活を送っている人に対し、少しでも前途に希望や元気を与えることができないか、挑戦しようと思い立ちました。 続きを読む 新連載のお知らせ


東京都品川区 Y.Kさんからのメール(2016.11.14)

聴講者の感想のイメージ写真

2-1%e5%a4%a7%e7%a9%ba%e3%81%ab%e8%88%9e%e3%81%86%e9%b7%b2 

unnamed

先般、貴重なご講演を聴かせていただきました。スクリーンにヒマラヤの満天の星を写し出し、おだやかな口調で魂のふるさとについて語り始められました。力みのない言葉の一つひとつが私の心の中に入ってきて、心地良ささえ覚えながら聴きほれました。
 確かに人間は宇宙の構成要素の一部分でありながら、その宇宙の意志を実現する特別な存在ですね。あのくだりでは、正直言って震えました。

日頃、私が何となく感じていたことを明確な言葉で話されるので、そうだ、そうなのだと大いに共感しながら聴きました。それに先生が影響を受けた方々の言葉を引用されましたが、優れた人々はそうした言葉を指針にして、それぞれの人生を構築されていたんですね。先人の奮闘ときねづかを知り、私も負けてはおれないと奮起するものがありました。

特に印象に残った言葉が3つあります。
 1つ目は、どんな人にも一隅を照らすだけの力量を与えられているということです。だから自分の持ち場で最善を尽くせば、私も一隅を照らすことができることを肝に銘じました。

2つ目は、言葉が人生を創ることです。愚痴を言ったり、否定的な言葉を吐くと、自分の人生を暗くすることを再確認しました。建設的で前向きであることが、人間をクリエイティブにするんですね。

3つ目は、すべてのことに意味があることです。運が悪いのではなく、必要だからこそ起きており、「そこから学べよ」という宇宙の意図があると思うと、もう逃げるわけにはいきません。まっ正面で受け止め、そこで最善の努力をし、難題を解決していくと、運勢も上昇気流に乗っていくことを確信しました。

体験を交えての話に大いに励まされました。講演の中で言及された『下坐に生きる』や『苦しみとの向き合い方 言志四録の人間学』を早速読んでみます。講演会場を出ながら、さわやかな覚悟が定まっていました。ありがとうございました。