兵庫県宝塚市 Y.Nさんからのメール(2016.4.13)

神渡先生、『アメイジング・グレイス 魂の夜明け』を拝読致しました。最初から最後まで感動しながら、一気に読み終えました。私は神渡先生と同じように、若くして脳の病気で半身マヒになり、人生のどん底でもだえ苦しみました。でも、家族や勤務先の理解と支えによって精神的に立ち直り、前向きに生きることができるようになりました。

この本を読みながら、思い出したことが3点あります。
1.中学生の時、アレックス・ヘイリーの『ルーツ』(現代教養文庫)を読んだこと。
2.米国駐在時に、キング牧師の誕生の地アトランタで、キング牧師の生涯を描いた短い映画を観ていた時、一緒に観ていた黒人たちが皆泣いていたこと。
3.神戸市の自立リハビリセンターで、毎日昼休みの合唱会で、この曲を同志と一緒に歌っていたことです。

この本を読みだし、まず1ページ目の「はじめに」でもうノックアウトされました。「あのどん底でもがいていた私でさえ、ここまで立ち直ることができた。」1ページ目の歌詞と訳詩、そして2ページ目の先生の解説、これはまさに私そのものでした。「私は不遇だったのではない。見捨てられていたのでもない。苦しみにあえいでいたあの時も,いつも神の御手の中にあったのだ」その通りです! 私もそう思います。

志半ばで倒れ、無念だった人たちもあっただろうことを思うと、私のような者が今生きている! いや生かされている。そう思うと感謝の気持ちでいっぱいです。先生がよくおっしゃる「喜神を含む」とはこのことなのですね!!

今後いつまた精神的に落ち込み苦しむかわかりませんが、先生が扉に書いてくださった「光の中へ」戻るために、この本をいつでも手に取れるよう手元に置いておきます。

[`evernote` not found]