山形市 H・R様からのお便り (2014.8.25)

前略 ごめんください。ご著書『中村天風 人間学』を読了致しました。特に、第2章「試練を超えて」は3回拝読致しました。前書『宇宙の響き 中村天風の世界』『中村天風「幸せを呼び込む」思考』も拝読させていただいていましたが、このたびは非常に感動しながら拝読致しました。

 本文に示された『運命を拓く』や『真理のひびき』他『成功の実現』『盛大な人生』『心に成功の炎を』『いつまでも若々しく生きる』や『真理行修誦句集』『天風誦句集』等もひも解きながら、そして以前詠んだ時の感動を思い起こしながら読み進みました。

 これまで何度も読み返してはいましたが、私は単なる知識の域に留まり、実践とは程遠いものだったと痛感します。ちなみに、私の本棚にある図書で背表紙に「中村天風」の表示があるものを数えてみたら、丁度30冊ありました。そのほかに、天風先生の講演録CDやカセットテープも拝聴しております。また天風会第4代会長・杉山彦一先生の『哲人天風に学ぶ』のカセットテープ12巻は以前から拝聴していました。しかし、前述のごとく単なる知識の領域に過ぎませんでした。

 ところが、第2章を拝読するうちに、天風先生にも最初の頃は同じような状況であったことを改めて知ることができました。

 天風先生がカリアッパ師との出会いから、「水瓶の教え」の初期の段階から「言葉の魔力」「生きる意味」を知り「天の意図」を理解し、心の働きに気づいていく。そしてカリアッパ師の教えの神髄に進み「地の声」「天の声」「内在する宇宙の理法」の悟りの境地に進化する心の変化が非常に良く分かりました。

 これは、私のような平凡な人間であった天風先生の初期の段階を知り、とても心強く感じました。

 神渡先生のご著書で、天風先生の心の進化の状況と、カリアッパ師は厳しい中にも無限の愛情で一杯であったことが実によく解りました。それは、2人の会話の言葉にならない心のひだを推察的に表現されており、深層に潜む感情の葛藤と納得と理解が読者に迫ってきます。私は強い力で引き寄せられながら、第2章を進むことができました。

 また、修行の場所の解説は、何度も調査体験した人でなければ表現できないものすごい臨場感を感じ、自分もその場に同席している体感を持ちます。

 天風先生がついに悟りの境地に達した時、カリアッパ師が大粒の涙を流されましたが、私も思わず瞼が濡れました。そして、あの理屈っぽい天風先生が素直の極限まで変わられ、清々しい人間に変化し、滂沱の涙を流して感謝される姿には神々しささえ感じました。

 帰国のすすめで、いよいよ日本に帰る時の様子はまたまた感動で涙が出ました。ゴルケ村の子供たちが見送る姿を想像すると、本当に優しい天風先生の姿が見えます。

 第3章以降はそれぞれの立場の著名人が天風哲学を人生に遺憾なく発揮されたことが数多くご紹介され、神渡先生の人脈の素晴らしさとインタビューの備蓄の豊富さに感動致しました。

 カリアッパ師が「オラビンダ、お前はこの世に何をしに来たか知っているか」(69ページ ) の言葉が私にも語り掛けられています。とても新鮮な気分です。ありがとうございます。衷心より感謝申し上げます。

 末尾ながら益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

敬具

2014.8.25  山形市 H・R

[`evernote` not found]