ヒマラヤ旅行へのご案内

またみなさんをご案内して、中村天風先生が修行された​ヒマラヤに行くことになりました。私は6度目です。白き神々の座ヒマラヤを見たら、それだけで感動されます。1月8日~16日(9日間)で、20名限定でしたが、30名となりました。岡部明美さんもご一緒されます。一緒に行きませんか。
※ 参加のお申し込みは、kamiryo12@gmail.com宛にメールでお送りください。

ヤムナ川と天風岩 写真
ヤムナ川と天風岩
ポカラから見たアンナプルナ 写真
ポカラから見たアンナプルナ

左からアンナプルナ・サウス(7219)、稜線に続いてアンナプルナⅠ(8091)、ピークがとんがっているマチャプチャレ(6993)、魚のしっぽという意味だそうです。おもしろい表現ですね。その右にアンナプルナⅢ(7555)、大きく落ち込んだあと、右にそびえているアンナプルナⅣ(7525)、アンナプルナⅡ(7937)と続きます。手前がフェワ湖です。写真には写っていませんが、ダウラギリ(8167)やマナスル(8163)も見えます。とにかく7000メートル、8000メートル級の山がずらりそびえているんですから圧巻です

ヒマラヤ2 写真
ヒマラヤ

ヒマラヤ旅行へのご案内」への6件のフィードバック

    1. ご連絡、ありがとうございました。それでは次のことを教えてください。1お名前のルビ 2郵便番号 3住所 4電話番号 5メルアド 神渡良平

    2. ヒマラヤの旅を希望されるなら、1お名前のルビ 2郵便番号 3住所 4電話番号 5メルアド を教えてください。神渡良平

  1. はじめまして、祖川康子(そがわやすこ)と申します。
    岡部明美さんのご紹介にて、私もヒマラヤに参加したいです。よろしくお願いします。

  2. はじめまして。
    私も岡部明美さんからのご紹介です。
    参加表明するのが一足遅れてしまいましたが
    もしキャンセルが出た場合には
    よろしくお願い致します。

  3. 11日12日の武蔵嵐山志帥塾では、笑顔の神渡先生にお会いでき、うれしく思いました。
    鈴木さえ子さんが、ヒマラヤに先生ご一行と行かれると聞き、私も参加したいと思いました。
    まだ、間に合いましたならば、ぜひお伴させてください。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。