宮崎県宮崎市 S.A様からのお便り (2014.11.13)

 前略 ごめんください。先日は宮崎県日向の地にての講演、本当にありがとうございました。11月9日朝の日向市倫理法人会での講演「人は何によって輝くのか」、同じ日の午後、養心の会日向での講演「内なる声を聴く」のどちらにも参加しました。先生の語られた珠玉の言葉を反芻しながら、すばらしい空間の余韻に浸っております。
 私は高校時代、三島由紀夫氏の「武士道と軍国主義」という評論を読み、大きな感動を覚えました。そういう下地があったのか、大学時代は民族派の学生運動に参加しました。国体の問題、歴史認識の問題、天皇陛下に関することなどの学びを進めるにつれ、現実の社会や政治の在り方に疑問を感じ、何とか変革したいと、さまざまに模索し、行動しました。韓国や中国大使館に抗議に行き、警察や機動隊とぶつかったことも多々ありました。
 またある新興宗教に入りましたが、個人の救済だけ汲々としている現状に飽き足らなく、それでいいのかと激しく詰問し、批判した時期もありました。そんな折、私の心の眼を開いてくれたのが、鹿児島県知覧(ちらん)の特攻隊の方々の遺書であり、辞世の句でした。まだ富屋食堂のトメさんが生きておられた頃のことで、訪ねて宿に泊めていただき、夜遅くまでお話を伺ったこともあります。彼らの純真無垢の心は、単に当時の社会情勢や教育という言葉で結論付けられるような、そんな浅薄なものではないと痛感しました。自分の志が萎える時は決まって知覧に足が向いていました。
 今回、先生が緒方海軍中尉の遺詠や短歌を詠まれたとき、涙がとめどもなく流れ出ました。
   いざさらばわれは御国の山桜
        母の身許に帰り咲かなむ
 靖国神社の桜は彼らの帰る場所であり、母たちが息子たちと出会う処でもあります。なのにそこが政争の場となっていることに対して、とても悲しみを感じます。特攻隊の方々の生き方と共に、私の人生に大きな影響を与えていただいたのが、先生の50冊以上にも及ぶ著書です。以前、何かの本に、「人生で二度読み返す本を持つ人は幸福な人である」と書かれていました。そういう意味では、私は至福の人だと言えるかもしれません。
 先生の著書は折に触れ、何度も何度も読み返しています。そうすることで、自己の志を日々再確認し、一隅を照らすべく、足許の実践に取り組む力を与えられています。まさに恩書というべきものです。今回の講演の演題でもあった「内なる声に耳を澄ます」ことが、紆余曲折の多い人生を経て、私にもようやく少しずつできるようになったのも、先生のご著書と先生にお会いできたお蔭だと思っています。
 脈絡のない手紙となりました。一言お礼を申し上げたいと思いながら、ついつい長くなったことを心よりお詫び申し上げます。
 先生のますますのご活躍を祈念いたします。
 平成26年11月10日

S.A 九拝

[`evernote` not found]