ウィークリーメッセージ

沈黙の響き (その9)

「言葉こそは人間形成の中核だと気づきました」➁
中川千都子さんと筆者神渡良平
中川千都子さんと筆者神渡良平

2020.8.29 ウィークリーメッセージ「沈黙の響き」(その9)

「言葉こそは人間形成の中核だと気づきました」

神渡良平

 

ユダヤ人が教えてくれた「人生を変える魔法の言葉」

そんな頃、中川千都子さんは友人から、五日市(いつかいち)(つよし)さんの講演録『ツキを呼ぶ魔法の言葉』(とやの健康ヴィレッジ)をプレゼントされました。五日市さんは二十六歳のころ、悩むことがあって心が折れたままイスラエルに旅行したそうです。その旅で一人のおばあさんに出会い、その方の家に泊めてもらいました。その晩、おばあさんに自分の悩みを打ち明けると、

「人生を変える魔法の言葉があるんだけど、あなた、知りたいと思わない?」

()かれました。人生を変える魔法の言葉? そんなものがあるわけはないと思いつつも、教えてくださいと頼むと、意外な返事が返ってきました。すごく簡単なことで、「ありがとうございます」と「感謝します」の二つの言葉をことあるごとに唱えるといいというのです。

半信半疑でしたが、そのおばあさんには妙にその気にさせるものがありました。それ以来、五日市さんはこの二つの魔法の言葉をくり返し言うようになり、人生が驚くほどに好転していきました。

こんな不思議な話は、中川さんがもし切羽詰まっていなかったら、まったく頭に入ってこなかったでしょう。しかしこのときは素直に、「そうなのか、言葉がキーポイントなんやな」と思えました。自分を振り返ってみると、「辛い」「しんどい」「悲しい」「情けない」「運が悪い」「痛い」といった否定的な言葉を使っていたことが多かったことに気づきました。

 

成功した人の多くが、「言葉を変えれば人生が変わる」と本に書いていると、知識としては知っていましたが、このとき中川さんは初めて「ありがとうございます」を日常の中でもっとたくさんくり返してみようと思いました。

 

一人ひとりの魂を拝み、心から感謝できるようになる

心の中で、「ありがとうございます」とくり返し言っていると、ある朝、顔を洗ったとき全然染みないことに気がつきました。何と皮膚炎が治っていたのです。そのときは半信半疑でしたが、これはもしかしたら〝ありがとうございます〟とくり返し言っていたからかもしれないと思い、もう少し続けてみようと思いました。すると次は目の病気が治り、さらに、口内炎や婦人科の病気も治って元気になり、減っていた体重もだんだん元に戻ってふっくらしてきました。

 

何があっても「ありがとうございます」と言っていると、自分の中で驚くべき変化が起きていきました。病欠の期間を終えて会社に復帰すると、会社の入口に守衛さんが立っていました。それまで中川さんは守衛さんのことなど気にも留めず、当然名前も知りませんでした。ところが守衛さんがニコっと笑って、

「お帰りなさい」

と言ってくれたのです。明らかに中川さんが長い病欠を終えて、久々に出勤したと知っていたようです。自分が長い間、気にも留めていなかった守衛さんが、自分のことを気遣ってくれていたとは!

「そのときの感動と喜びは今も忘れられません」

 中川さんの価値観が変化し始めました。

 

 会社に復帰してしばらくたったある日、地下鉄の階段を降りていたとき、みんなはどうしてこんなによくやってくれるんだろうとありがたくて、涙があふれでました。それまで当然だと受け止めていたことが当然ではなく、

「何とありがたいことだろう!」

と思え、一人ひとりに手を合わせて拝みたいほどでした。

「人さまのお陰で、ものごとがうまく回っているんだ。自分が知らなかったところで、助けられていたんだ! 感謝しなかったら罰が当たってしまう」

 そう思うと、踊りだしたいほどでした。新しく何かが動き始め、中川さんの中で物事の受け止め方が変わっていきました。自分が日々の生活で使っている言葉が人間形成の中核なんだと思うようになりました。(続く)