横浜市 M.Kさんからのお便り(2016.4.22)

神渡先生 『アメイジング・グレイス 魂の夜明け』というすばらし本をありがとうございました。この曲は知っていましたが、先生のご本を読むまで、歌詞も歌詞に込められていた深い思いも知りませんでした。この歌が全世界で歌われ愛されている理由がわかったように思いました。

自分の力だけではない何かに応援され、導かれ、喜びを得た時、人は大いなるものへの感謝の気持ちを自然に抱きます。日々のいろいろなことに忙しくしていると、そのことに気づかなかったり、気づいてもそのことをよく考えてみたりすることなく、やり過ごしてしまいがちです。この本を読んで、日頃どれだけの応援や祝福を受けているのかということを改めて考えさせられ、感じることができました。

奴隷貿易船の中でメアリーに手紙を書くいくつかのシーンでは、その文面を読みながら、ジョンと一緒に広大な海や空をながめ、宇宙に包まれているかのような気持ちになりました。

オルニー村の教会での早天祈祷会の場面でも、田舎の早朝の気配を文面に感じ、まるでそこにいるかのような心地良さを味わいました。

神渡先生がおっしゃる瞑想や内省を本の中で、ジョンと一緒に体感したのかも知れません。ジョンもそうであったように、私たちも一人静かに自然の中に身を置き(実際には部屋の中でも良いのかも知れませんが)、周りと溶け込んで一体となったように感じることで、魂を解放させ、本来の姿を取り戻せるのではないか、そんなことも思いました。

「おわりに」で紹介なさっていた真民さんの詩も心に響きました。

  静かに座して
   宇宙無限の恩恵に感謝し
   日の光、月の光、星々の光を吸飲摂取して
   明るく楽しく生きてゆけ

「アメイジング・グレイス」の曲を聴くたびに、深くゆっくり深呼吸し、私の魂を感じてまいりたいと思います。そして大いなるものが導く光の方向へ向かって生きていきたいと思います、ありがとうございました。

[`evernote` not found]