東京都 Y.O様からのお手紙 (2015.10.10)

 拝啓 お手紙ありがとうございました。それに同封していただいた、いろいろな方々からの不思議にやわらかいメールやお手紙もありがとうございました。何度も拝読いたしました。

 私は病気のため、27歳で死を前にしたとき、目に見えない、大きな存在に語りかけていただいたことがあります。その時の静かな感動がよみがえってまいりました。生きていては邪魔だとたらいまわしされた言葉の嵐の中で、その存在との語らいだけがたった一つ生きる力でした。その後、看護婦として働くようになり、いつの間にか、寝たきりの方々のお世話をするようになりました。

 老人病院、救急病院やホスピスでの夜勤は17時間労働で、過酷です。明け方4時ぐらいから、洗面、おむつ交換、体位交換など、忙しい時間が始まります。私の担当の中に、死体置場と呼ばれる部屋があります。何一つ声を発することができず、食と排泄だけの方々が入院されている部屋です。

 その日は早朝だというのに、私は昨夜からの疲れで、次にする仕事のことしか考えることができないほど、疲れ切っていました。死体置場と呼ばれている部屋に入ろうとした時、朝日が差してきました。かつて死に直面していた頃の私と同じように、生きている価値がないとさげすまされ、丸太棒のように寝たきりでいる方々にも等しく、朝日が当たりました。その瞬間、尊いいのちがこれらの方々にも宿っていると教えられました。

 私はそれまでこの人生がいいのでは、あるいはあの人生がいいのではと選り好みしながら、失敗してきたと思っていました。そんな私に比べ、この方々は与えられたいのちをそのまま受け入れ、精いっぱい生きていらっしゃると思われたのです。私は光の中で動けなくなり、涙をぽろぽろ流しながら手を合わせていました。

 私は重い小児麻痺の障害のある夫と結婚しました。ところが夫の家族からは、父親が借金を残して出奔したという引け目があるから結婚したと陰口されました。子どもを授かったとき、私は妊娠中毒症から重い慢性腎炎にかかってしまいました。ところがそれも病気を隠していたに違いないとそしられました。2年あまりハリ治療に通いましたが、針のむしろに坐っているように辛い毎日でした。そんなふうに否定され続けた毎日でしたから、その朝の光に照らされたとき、全部受け入れてくれる存在があると確信したのです。

 今日、同じ病気で苦しんでいる仲間から、ご著書『苦しみとの向き合い方 言志四録の人間学』を頂戴しました。帰りの電車の中で夢中になって拝読しました。途中でふと目を上げると、さわやかなやさしい風が吹きわたっていました。ここに今立っているのは自分の力ではない、貴いご意志のお陰だと心底思いました。これまでのいろいろな体験も、忘れがたい道のりも、貴い天のメッセージだと思えました。

 私は今からやろうとしていることが、あまりにも大きくのしかかり、つぶれそうになっていました。過去のことが許せず、自分の思いに狂っている時もありました。けれどもその道のりはみんなみな天のプレゼントだと思うことができました。これでスタートラインに立つことができる気がします。

 私の友人たちに、この『苦しみとの向き合い方』をプレゼントしたいと思います。お手数ですが、5冊お送りいただいてもよろしいでしょうか。心からの感謝を込めて。

 平成27年10月10日

東京都 Y.O


東京都 S.H様からのメール (2015.10.12)

 神渡先生、武蔵嵐山志帥塾、ありがとうございます。神渡先生にお会いさせて頂き、とも嬉しかったです。早速、『苦しみとの向き合い方 言志四録の人間学』を拝読させて頂きました。第3章の岡部明美さんのところと、第5章「戦後70年のレクイエム」が特に心を打ちました。

 よくぞ「日本は侵略国ではなかった。大東亜戦争は自衛のための戦争だった! 日本はアジアの諸国を白人支配から解放したんだ!」と、書いて下さいました。感動です。インドは200年間、イギリスの植民地でした。インドネシアも200年近くオランダの植民地でした。そのくびきから解放したのは日本でした。わずか1週間足らずでオランダ軍を追い出してしまったのでした。

 アジアの人々は白人には体力的にも頭脳的にもかなわないと思っていました。ところが自分達と変わらない黄色い肌をした小さい日本人が、その白人に勝ったから驚きました。誰もが、我々もやればできる! と思いました。それがあったからこそ、戦後アジアの国々は白人に抗して独立して行ったのでした。日本が戦ったからこそ、白人の植民地支配から解放されたのだと私も同感します。

 中国は自分の世紀をもたらそうと、ライバルの日本をおとしめるために、やっきになって日本叩きをやっています。それだけに声を大にして、「日本は侵略国ではなかった。大東亜戦争は自衛のための戦争だった! 日本はアジアの諸国を白人支配から解放したんだ!」と叫ばなければいけません。

 私の願いは、世界中の生きとし生けるものが皆、幸せになって、地球が愛に溢れる平和な惑星(ほし)になる事です。今は世界、地球が、変革期を迎えていると感じます。異常気象、自然環境の破壊。このまま行ったら人類は生きて行けなくなると感じています。

 それだけに、森信三先生が「一眼は遠く歴史の彼方を、一眼は却下の実践へ」とおっしゃていることを肝に銘じて、私もがんばっています。神渡先生、代弁してくださって、ありがとうございます。喜びと感謝! 愛と光! 大宇宙大和楽!

2015.10.12 東京都 S・H


Y.T様からのお便り (2015.10.04)

 拝復   先日はお手紙を頂き、ありがとうございました。皇居の勤労奉仕のお誘い、ありがとうございました。喜んで参加します。

  先生からお手紙を頂き、すぐに『苦しみの向き合い方 言志録の人間学』を取り寄せ、読ませて頂きました。その後『中村天風人間学』『地涌の菩薩たち』も平行して読ませて頂いております。『中村天風人間学』は先生のサイン本を購入すれば良かったといささか残念に思っております。

 さて私が先生の本を貪るように読んでいるのは、心に不安や迷いを感じて生活しているからです。朝から深夜まで働き続ける中で、上辺だけの人間関係の職場に疲れ、仕事に虚しさを覚えて、退職してしまいました。これまではあれをしたい、これをしたいと思わないまま、38年生きてきてしまいました。去年はあまりに精神的に辛くなり、子供と2人で命を絶とうかと考えたこともありました。

 そういう人生の中で得た一筋の光が、安岡先生や神渡先生の本でした。自分自身が甘いのもわかっているし、自立できていないのも情けないぐらいわかっています。どうしたらこの迷いや不安を絶ちきり、自立し、強く生きられるのか、もがき溺れそうになりながら、暗闇を歩いています。そんな私を支えてくれているのが、安岡先生であり、神渡先生なのです。

 農業をやろうと、去年一年間研修を受け、今年から取り組んでいます。今は子供の為にも強く生きなければと頑張っています。本当に、本当に、ありがとうございます。 先生の更なるご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

 平成27年10月4日


山梨県甲斐市 K.S様からのお便り (2014.11.17)

冠省 本日仕事帰りに、『安岡正篤人間学』(同文舘出版)の、150~151ページ「貧賤に処しておそれず」を読みました。私は現在32歳です。これまで3回、転職をしたこともあってか、同世代よりも出世が遅く、給料も低いです。そのような中、時々やりきれなくなるときもありますが、本日この箇所を読んで、また精進する力をいただきました。ありがとうございました。


宮崎県宮崎市 S.A様からのお便り (2014.11.13)

 前略 ごめんください。先日は宮崎県日向の地にての講演、本当にありがとうございました。11月9日朝の日向市倫理法人会での講演「人は何によって輝くのか」、同じ日の午後、養心の会日向での講演「内なる声を聴く」のどちらにも参加しました。先生の語られた珠玉の言葉を反芻しながら、すばらしい空間の余韻に浸っております。
 私は高校時代、三島由紀夫氏の「武士道と軍国主義」という評論を読み、大きな感動を覚えました。そういう下地があったのか、大学時代は民族派の学生運動に参加しました。国体の問題、歴史認識の問題、天皇陛下に関することなどの学びを進めるにつれ、現実の社会や政治の在り方に疑問を感じ、何とか変革したいと、さまざまに模索し、行動しました。韓国や中国大使館に抗議に行き、警察や機動隊とぶつかったことも多々ありました。
 またある新興宗教に入りましたが、個人の救済だけ汲々としている現状に飽き足らなく、それでいいのかと激しく詰問し、批判した時期もありました。そんな折、私の心の眼を開いてくれたのが、鹿児島県知覧(ちらん)の特攻隊の方々の遺書であり、辞世の句でした。まだ富屋食堂のトメさんが生きておられた頃のことで、訪ねて宿に泊めていただき、夜遅くまでお話を伺ったこともあります。彼らの純真無垢の心は、単に当時の社会情勢や教育という言葉で結論付けられるような、そんな浅薄なものではないと痛感しました。自分の志が萎える時は決まって知覧に足が向いていました。
 今回、先生が緒方海軍中尉の遺詠や短歌を詠まれたとき、涙がとめどもなく流れ出ました。
   いざさらばわれは御国の山桜
        母の身許に帰り咲かなむ
 靖国神社の桜は彼らの帰る場所であり、母たちが息子たちと出会う処でもあります。なのにそこが政争の場となっていることに対して、とても悲しみを感じます。特攻隊の方々の生き方と共に、私の人生に大きな影響を与えていただいたのが、先生の50冊以上にも及ぶ著書です。以前、何かの本に、「人生で二度読み返す本を持つ人は幸福な人である」と書かれていました。そういう意味では、私は至福の人だと言えるかもしれません。
 先生の著書は折に触れ、何度も何度も読み返しています。そうすることで、自己の志を日々再確認し、一隅を照らすべく、足許の実践に取り組む力を与えられています。まさに恩書というべきものです。今回の講演の演題でもあった「内なる声に耳を澄ます」ことが、紆余曲折の多い人生を経て、私にもようやく少しずつできるようになったのも、先生のご著書と先生にお会いできたお蔭だと思っています。
 脈絡のない手紙となりました。一言お礼を申し上げたいと思いながら、ついつい長くなったことを心よりお詫び申し上げます。
 先生のますますのご活躍を祈念いたします。
 平成26年11月10日

S.A 九拝


10 / 12« 先頭...89101112