ヒマラヤの旅2

ヒマラヤではこんな楽しみ方もしました。エンジン付きハングライダーは最高にスリリングでした。

大空を舞うハングライダー
大空を舞うハングライダー
超軽飛行機で
超軽飛行機で
ポカラでウルトラ・ライト・プレーン(エンジン付きハングライダー)に乗る神渡
ポカラでウルトラ・ライト・プレーン(エンジン付きハングライダー)に乗る神渡
ポカラでウルトラ・ライト・プレーン(エンジン付きハングライダー)に乗る神渡
ポカラでウルトラ・ライト・プレーン(エンジン付きハングライダー)に乗る神渡

『中村天風人間学』について

『宇宙の響き 中村天風の世界』(致知出版社)を上梓してもう18年の歳月が流れました。取材のために2回、出版後読者の求めに応じて4回、計6回、中村天風先生がヨーガの導師(グル)カリアッパ師について修行されたゴルケ村を訪ねました。ついこの間も、1月8日から16日まで19名を案内して訪ねたばかりです。
 ヒマラヤの第3の高峰カンチェンジュンガの麓にあるゴルケ村は、深い谷合にある山村なので、そこからは白き神々の座は望めません。そこで私は一行をいつも、アンナプルナやマチャプチャレ、ダウラギリ、マナスル登山のベースキャンプに近いポカラに案内します。ポカラ飛行場に降り立った瞬間、目の前に8千メートル級の山々が連なっているのを見て、みなさんが感動されるからです。白き神々の座を仰ぎながら瞑想すると、言うに言えない気高さ、深遠さに導かれていきます。そんな時ほど、私は「宇宙の申し子だ!」と確信し、喜びに満たされる時はありません。
 そんな時、私は天風先生について書いた初めての本の書名を、よくぞ『宇宙の響き』としたものだと改めて感心します。天風先生は、人間が大宇宙に感応し、存分にそのエネルギー(プラナ)を取り入れるとき、人間は人間以上の存在になり、持てる力を存分に発揮できると説いておられます。まさにそのとおりで、人間はもっと「宇宙の響き」に呼応すれば、次元の低いこざかしい人間から脱却できると思います。にそのエネルギー(プラナ)を取り入れるとき、人間は人間以上の存在になり、持てる力を存分に発揮できるのだと説かれます。まさにその通りで、人間はもっともっと「宇宙の響き」に呼応すれば、次元の低いこざかしい人間から脱却できるのです。
 天風師の悟りの深さは、私などには計りようがないほどに深いものです。でも天風先生亡き今となっては、類推するしかありません。天風先生のメッセージを書こうとすると、自分の力量のなさが身に染みて感じられ、無力感に襲われます。しかし、天風師のメッセージを伝えることができたら、私たちの求道の明確な目標となると自分に言い聞かせて、折に触れて天風師のことを書いてきました。
 今回再び『中村天風人間学』(PHP研究所)を書きました。これは天風師が瞑想によって宇宙に感応し、つかんだ悟りを書き表したものです。及ばずながら、こういう形で天風師のメッセージを伝えることができて、こんなに幸せなことはありません。

『中村天風人間学』カバー写真(帯なし)
『中村天風人間学』カバー写真(帯なし)
サランコットの朝焼け
サランコットの朝焼け
大空を舞う鷲
大空を舞う鷲
マチャプチャレ
マチャプチャレ
白き神々の座
白き神々の座
アンナプルナを背景に
アンナプルナを背景に
頭上に広がる満天の星
頭上に広がる満天の星
ポカラから眺めたアンナプルナ
ポカラから眺めたアンナプルナ
天風師が瞑想していた岩の上で
天風師が瞑想していた岩の上で
人間は大宇宙の申し子だ
人間は大宇宙の申し子だ

 

 


​戦後、70年を振り返る

 ​戦後、70年を振り返るために、鹿児島県の特攻基地、知覧飛行場と鹿屋飛行場を訪ね、いろいろな資料を読みました。その旅行中、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のヘンリー・S・ストークスの『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)と『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』(祥伝社新書、加瀬英明氏との共著)を読み、とても感銘を受け、改めて東京裁判について検討しなければならないと思いました。戦後70年、日本はそろそろ心理的後遺症から脱却しなければいけないですね。
 またストークス氏は三島由紀夫と親交があり、『三島由紀夫 生と死』(徳間書店)を書いています。これを元にして映画「MISHIMA」が作られたそうです。『三島由紀夫 生と死』もさっそく読んでみようと思っています。
『なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたのか』『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』(ストークス著、祥伝社新書)
『なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたのか』『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』(ストークス著、祥伝社新書)

 

『神渡良平公式サイト』の「近況&ご案内」に、『戦後、70年を振り返る』を追加いたしました。


ヒマラヤの旅

​1月8日から16日まで、19名でヒマラヤに行ってきました。白き神々の懐に抱かれ、最高に開放された9日間でした。

ヒマラヤの朝焼け
ヒマラヤの朝焼け
ヒマラヤの朝焼け
ヒマラヤの朝焼け
ポカラ郊外のサランコットからアンナプルナやマチャプチャレを臨む
ポカラ郊外のサランコットからアンナプルナやマチャプチャレを臨む
アンナプルナ山群を背景にサランコットで、一行19名の記念写真
アンナプルナ山群を背景にサランコットで、一行19名の記念写真
白き神々の座ヒマラヤ。神々しいの一語に尽きる。
白き神々の座ヒマラヤ。神々しいの一語に尽きる。
ゴルケ村のヤムナ川畔にある天風さんが瞑想した岩
ゴルケ村のヤムナ川畔にある天風さんが瞑想した岩
氷壁が見事なアンナプルナ・サウス
氷壁が見事なアンナプルナ・サウス
ポカラでの写真
ポカラでの写真
ポカラでの写真
ポカラでの写真
ポカラでの写真
ポカラでの写真

集中内観のお知らせ

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。さて、今年の暮から新年にかけて(12月28日~1月3日)、栃木県さくら市喜連川(きつれがわ)の瞑想の森内観研修所で、内観の面接のお手伝いをすることになりました。一週間、自分と深く向き合って、新しい自分を発見しませんか。父や母、祖父母、兄弟、子供たちなど、身近な人たちとのことをふり返り、深い気づきに入るのです。これほど実効的な修養方法はありません。今ではこの日本発の内観が、欧米にまで広がって、常設の内観研修所が多数できています。
新らしい年を心機一転した自分で迎えませんか。
瞑想の森内観研修所 〒329-1412 栃木県さくら市喜連川5694 電話028-686-5020
最寄りの駅:氏家(東京から東北本線快速で約1時間45分)
費用:7万円(税込)
天空の舞い 白神山地 002 テントウムシ 1