サイト管理人 のすべての投稿

白と緑と青の光の写真

沈黙の響き (その2)

2020.7.9 ウィークリーメッセージ「沈黙の響き」(その2)

 「沈黙の響き」からインスピレーションを得たベートーヴェン

神渡良平

 

 多忙な生活は忙しさにかまけて大事なものを見落としてしまいます。ベートーヴェンは誰よりも「沈黙の響き」が持っているものを知っていました。ハイドンやモーツアルトから古典派音楽を受け継ぎ、これを発展させて独自の境地を切り開いたベートーヴェンは二十六、二十七歳ごろから耳がおかしくなりました。初めは雑音が聞こえてざわざわするだけだったのですが、次第に難聴が進み、オペラ劇場ではオーケストラのすぐ前に位置していないと歌手たちの声が聴き取れず、少し離れると楽器の高音部分も聴き取れなくなりました。

ベートーヴェンは長らく下痢に悩まされていたので、そこから来て聴覚もおかしくなったのではと考え、フェーリング医師の治療を受けました。フェーリング医師の勧めでダニューブ河の微温浴を試み、人には隠していました。さらに一八〇二年、ウイーン北部のハイリゲンシュタット村に転地療養しました。

ある日、ピアノの弟子フェルジナンド・リースが村を訪ねてきて、二人で散歩をしていたとき、ショッキングな出来事が起きました。リースが耳を澄まして、

「おや、どこからか笛の音が聴こえてきますね……」

と感慨深くつぶやいたのです。ところがその牧歌的な笛の響きがベートーヴェンには聴こえないのです。ベートーヴェンは、音楽家は誰よりも繊細な聴覚を持っているべきだと思っており、自分の聴覚は並外れて優れていると自信を持っていただけに狼狽(ろうばい)しました。

 音楽家にとって、耳は何よりも大切な器官です。ベートーヴェンは楽想を得るため、よく森の中を散歩しました。広大な青空に満ちた太陽の光、頬を撫でるそよ風、青々とした森の中のひそやかなせせらぎの音、そして農耕に励む農民たちの姿など、どれもこれも豊かな楽想を与えてくれました。

風雨にびっしょり濡れるのもかまわずに野山を歩き回り、時に耳をつんざくような雷鳴ですらもインスピレーションを与えてくれ、浮かんでくる曲想をスケッチしました。目で見える視覚もさることながら、聴覚はベートーヴェンにインスピレーションを与えてくれていたのです。

〈とうとう……聴力が失われ、本物のつんぼになってしまったのか!〉

この若き天才は頼みとする聴覚を失って深い苦悩に襲われました。一八〇二年十月、絶望したベートーヴェンはとうとう自殺しようとし、弟カールとヨハンに宛て遺書を書きました。「ハイリゲンシュタットの遺書」と呼ばれるものです。冷酷な運命の女神に最悪の状態に追い詰められましたが、死のうとしても死ねません。遺書にベートーヴェンの葛藤が書きつけられています。

「わたしはまだ二十八歳になったばかりで、やり残したことがある。わたしは課せられた仕事を完成しないうちは、この世を去ることはとうていできない。芸術のために、わたしはこの苦境に打ち克たなければならない!」

 遺書を書いたはずでしたが、それが芸術に身を捧げることを誓う「宣言文」となったのです。明暗二つの世界を苦しみながら、ベートーヴェンが心の恋人ジュリエッタ=ギッチアルディに捧げた有名なピアノソナタ作品二七「月光」はそのころに書かれた幻想的な作品です。静かな夜の静寂の中、語りかけるように、しめやかに伝わってくるピアノの音は、ベートーヴェンに新しい世界が訪れたことを伝えています。

 ベートーヴェンは苦難の時期を乗り越えて、一八〇三年以後の第二期に入りました。何とロマン・ロランはこの時期を「傑作の森」の時代だと呼んでいます。ベートーヴェンの親友で伝記作家のシントラーが、第五交響曲の最初に鳴り響く衝撃的な「ジャジャジャ・ジャーン」というフレーズについて尋ねると、ベートーヴェンは即座に、「運命は……このように扉を叩きます」と答えました。

宇宙からのメッセージに耳を澄ませて聴き入ったとき、聴こえてきたのがあの主題だったのです。まさに「沈黙の響き」でした。以来、第五交響曲は「運命交響曲」と呼ばれるようになりました。それに続く第六交響曲「田園」も同じ「傑作の森」の時代区分の作品です。やはりベートーヴェンはただの音楽家ではありませんでした。沈黙は決して〝無音の闇〟なのではなく、もっとも雄弁な曲想の宝庫なのです。

 聴き入る――。ひたすら心耳を澄まして聴き入るとき、人間のこざかしい作為を超えてメロディーが聴こえてきます。本書で採り上げた「アメイジング・グレイス」も「ユー・レイズ・ミー・アップ」も「風に立つライオン」も、天空に鳴り響く音楽を地上に移し替えたものです。だから多くの人が共感し、時代を超えて支持されたのです。

 音楽家にしろ、画家や作家、思想家にしろ、クリエイティブな仕事に従事している人たちはこの「沈黙の空間」を大事にし、そこで呼吸し、インスピレーションを得て、音や絵や思想で表現しました。芸術は天と自分との共同作業であり、天のメッセージを紡ぎ出すことによって、形ができ上っていきます。だからこそ芸術は永遠の生命を持っているのです。


夜の海辺

沈黙の響き (その1)

2020.7.1 ウィークリーメッセージ「沈黙の響き」(その1)

「沈黙の響き」が意味するもの 

神渡良平

 

 昨年の9月、心臓のバイパス手術をし、一命を取り留めたことで、そのとき気づかせていただいたことを(仮)『沈黙の響き――宇宙の呼び声』として書き上げました。まだ出版社は決まっていませんが、秋には出版されるでしょう。

闘病生活と上記の本の執筆の間、私はHPを更新することがありませんでした。それを再開し、まず『沈黙の響き――宇宙の呼び声』に何を書いたのか、順次公開してまいります。

書名にはちょっと不思議な名前を付けました。それについて、第8章に、臨死状態にあったわたしのフラッシュバックに現れたアッシジのフランチェスコと、こんな会話を交わしたことを書いています。

 

 祈り求めるわたしにフランチェスコが語りかけてきました。思慮深いフランチェスコの眼差しは潤んでいました。

「その人の魂に聴き入り、その人が苦しんでいる痛みを感じ取るようになると、もはや黙って通り過ぎることはできなくなる。そこから初めて寄り添うってことが始まるんだよ」

フランチェスコの唯一の関心は、キリストにならって、人の心のしこりを解くことでした。彼は誰からも見捨てられ、ふり返られなかった人々の友でした。

「その人の魂の叫びに耳を傾けなさい。何も聞こえてこない沈黙に、さらに耳を澄まして聴き入るんです」

「〝沈黙の響き〟……ですって? 沈黙は無音じゃないんですか?」

「いやいや沈黙ほど雄弁なものはない。人は沈黙を通して語りかけてくる。沈黙はけっして無音なのではなく、かすかな響きを持っている。じっと耳を澄ますと、いつしかその響きが聴こえてくるようになり、その人とやっと心が通じるようになる。するとその人はさめざめと涙を流し、やっとわかってくださったんですねと、うれしそうに言うんだ。だから沈黙の響きに聴き入ることほど、大切なことはない」

 フランチェスコは驚いて聴き入るわたしをまじまじと見つめて説きました。

「その人への強い愛があればこそ、沈黙の響きにひたすら聴き入ることができる。愛は宇宙のエネルギーなんだ。愛は引力、つまり()きつける力だ。愛は人生を意味合いのあるものにしてくれる。だからわたしたちは神の愛を届けて、その方の人生を豊かにするんだ」

フランチェスコは驚くほど静かな人で、〝沈黙〟を味わっているかのようでした。そして沈黙にひたすら耳を傾けることがどれほど自分自身の修養になるかわからないと説きました。

「人は他人の痛みや悲しみを感じることができたとき、人に対する驕慢(きょうまん)な態度や冷淡な姿勢が消え、謙遜になるものだよ。だから、自分のためにも、人の痛みを分かち合おうとすることが大切なんだ」

わたしはフランチェスコの(ひとみ)ほど、澄んだ眼差しを見たことがありませんでした。自分に対しても、人に対しても(しん)()でした。その眼差しはわたしのあり方を正してくれました。

思えばわたしは、人の話にじっと耳を傾けることができていませんでした。音になっている声すら聞いていなかったのです。何と浅薄だったことか。聞けども聞かず、とはわたしのことでした。ああ、穴があったら入りたい……。

父親のように温かい抱擁力のあるフランチェスコはさらに続けました。

「秀でた魂であってほしい……。優れた魂であってこそ、人々を真に手助けすることができるのです。そういう人が、今ほど求められているときはないと思う」

 その静かな口調がいつしかわたしの涙を誘いました。両の瞳に涙がいっぱい貯まったかと思うと、頬にこぼれ落ちました。

〈ところがわたしは当事者としての意識はまるで希薄で、赤の他人のような顔をして通り過ぎる無責任な評論家でしかなかった。フランチェスコはわたしに今日の問題を自分自身の問題として背負い、苦しみ、道を見い出し、率先して歩いてほしいと念願していたのだ。わたしはあまりにも自分のことしか考えていなかった……〉

 思えば秀でた人々は〝沈黙〟の意味するところを知っていました。ドイツの哲学者M・ピカートは(つむ)がれる言葉の背後にある〝沈黙〟を〝深さ〟と表現しました。

「もしも言葉に沈黙の背景がなければ、言葉は深さを失ってしまうだろう」

 小説『若きウェルテルの悩み』や詩劇『ファウスト』などで圧倒的支持を得て、フリードリヒ・シラーとともにドイツ古典主義を代表したヨハン・W・V・ゲーテはその日記にこう書いています。

「言葉は聖なる沈黙に基づいている」

 ゲーテは沈黙の響きを誰よりも理解していたのです。

 

 

そういう訳で「沈黙」は大変重たいものになりました。「沈黙の響き」は神からのメッセージを内包するものでした。以下、順次、そのことを書いていきます。

 


2020年10月の予定

日時 演題 会場 主催団体 連絡先担当者

10/11(日)
11:05~12:30

 

いのちの讃歌―私に何ができるのか!

国立女性教育会館
埼玉県比企郡嵐山町菅谷728

武蔵嵐山志帥塾

武蔵嵐山志帥塾事務局
持丸
Fax045-922-9657

10/19(月)
18:30~21:00

安岡正篤珠玉の言葉

崎陽軒
横浜市西区高島
2-13-2
℡045-441-8880

横浜志帥会

横浜志帥会事務局
㈱パスポート内星
℡044-975-4800


2020年6月の予定

日時 演題 会場 主催団体 連絡先担当者

6/8(月)18:05~18:55

 

人生はニコニコ顔の命がけ

かのうや2階会議室
さいたま市大宮区吉敷町4-101
℡048-650-0503

さいたま新都心倫理法人会

さいたま新都心倫理法人会
℡048-878-8544

6/9(火) 6:15~6:55

丸山敏雄先生の世界

かのうや2階会議室
さいたま市大宮区吉敷町4-101
℡048-650-0503

さいたま新都心倫理法人会

さいたま新都心倫理法人会
℡048-878-8544

6/15(月)
18:30~21:00

安岡正篤珠玉の言葉

崎陽軒
横浜市西区高島2-13-2
℡045-441-8880

横浜志帥会

横浜志帥会事務局
㈱パシポート内

℡044-975-4800


S.I.さんより(2020.3.25)

 新作の執筆中に、貴重なお時間を使ってメールをいただき、恐縮です。ありがとうございました。早速に読ませていただきました。以前、『アメイジング・グレイス――魂の夜明け』を読ませていただいた時の感動が再びよみがえり……涙、涙です。

 心臓の手術から復活されて、さらにさらに、人間の繋がりの力と魂の本質を描いていらっしゃるのですね。

 先生が一つ一つ丁寧に言葉を紡いでくださることで、私たち読者は登場人物と共に旅をし、彼らを通して己の命の尊さ、生を受けた意味、そして世界へ向けた自己の在り方などの大切なメッセージを受け取ることができます。

 私は今小学生二人と幼児一人の、三人の子ども達と夫と暮らしていますが、毎日を食べさせ、暮らしを穏やかに立てていく中にも、このような魂の在り方が試されていると感じています。

 新型コロナウィルスによって、世界中で封鎖がされ、日常的に移動できていたところに行けない状態になっていますが、このような時にこそ、自己の在り方、繋がりの有り難さを実感しています。

 これからも神渡先生の作品に触れて、人生の喜びと感謝に気づく人がたくさん増えますように!

 いただいた原稿は宝物に、次回作も楽しみにさせていただきます。

どうぞお身体大切に、これからもご活躍ください。

ありがとうございます(^_^)

S・I


滋賀県草津市のS・Iさんより(2020.3.22)

 2020.3.22 

『アメイジング・グレイス 魂の旅路』を読み終えての感想

 

 歌手のアイカさんにお借りした本『アメイジング・グレイス 魂の旅路』を今日読み切りました。ジョン・ニュートン司祭の命とその人生の全てが込められた歌詞なのですね。最後の方は、私の子ども達にもみくちゃにされながら(笑)、涙も鼻水も流しながら読みました。私は今までなんて浅いところでこの歌を聴いていたのだろう……と、愕然としました。

 

 母はさだまさしさんの歌「風に立つライオン」を聴いたのでしょう。天に旅立ったのは2000年でしたから「アメイジング・グレイス」が本田美奈子さんのカバーや骨髄バンクのCM等で有名になる前でした。当時20歳の看護学生の私には何が何だか分からないうちに、母は肝臓の病気で昏睡してしまい、チューブだらけになってしまいました。そんな母をさすってあげることもできず、ただ呆然として見送った自分の無力さに絶望していました。葬儀では私は腑抜けたようにポカンとしていました。母は遺言で「葬式では『アメイジング・グレイス』を流して……」と言い遺したので、この曲がひたすら流れていました。

 

 私は翌年から勤務した脳卒中専門病院で、生死をさまよった末に生還された何人もの患者さんと出逢い、寂しさで空洞化していた私の心を支えていただきました。私は幸運でした。でも、同僚の先輩から罵倒されたことで、すっかり体調を崩してしまいました。年上の女性を直視できないのは、その頃からあったのでしょう。アイカさんのご指摘を受けて、今、あのヒステリックな指導は、私から誘発されたものだったのだとわかりました。その後も、私には後ろ楯がなく、いざというとき、すがれる親がいないと苦しみました。子育てでもそのことを何度も思い知らされ、その度に落ち込みました。

 

 小さな波の私の人生ですが、ジョン・ニュートン司祭は大波乱の人生を経たけれども、そこで天命に気づかれたと知り、私の人生で起きたどのことも、私が天命に目覚めるために必要だったのだと、死ぬ前には笑って振り返りたいものだと心底思いました。

 

 そして、今この世界で生きていることに意味を見い出し、自分の力を尽くして生きられるようにと、再び奮い立たされました。アイカさんが歌われる『アメイジング・グレイス』やカッチーニの『アヴェ・マリア』は、本当に私の深いところに届き、ご縁をいただいているのだと思い、感涙しています。

 いつも奥深く示唆に富んだ学びをありがとうございます。

 とても私的なことをたくさん書いてしまいました。この気付きをお伝えしたくて、長文になりすみません。ありがとうございました。

滋賀県草津市 S・I


2020年2月の予定

日時 演題 会場 主催団体 連絡先担当者

2/1(土)
15:10~16:10

 

偉人に学ぶ医療・福祉の人間力

富士ソフトアキバプラザ6階
東京都千代田区神田練塀町3

日本医療経営実践協会

日本医療経営実践協会
本部事務局
℡03-5296-1933

2/10(月)
18:00~21:00

安岡正篤珠玉の言葉

崎陽軒
横浜市西区高島
2-13-2
℡045-441-8880

横浜志帥会

横浜志帥会事務局
㈱パスポート内

℡044-975-4800