沈黙の響き (その72)

全国各地でモデル授業を行った芦田惠之助先生

森信三先生を世に紹介した芦田恵之助先生

「沈黙の響き(その72)」 森信三先生を世に紹介した芦田恵之助先生     ≪『修身教授録』同志同行社版の序文≫ 令和3年(2021)3月、拙著『人を育てる道――伝説の教師 徳永康起の生き方』が致知出版社から上梓されまし … 続きを読む 沈黙の響き (その72)

沈黙の響き (その71)

52歳で旅立っていった石原裕次郎

石原裕次郎の最後の曲「わが人生に悔いなし」

「沈黙の響き(その71)」 石原裕次郎の最後の曲「わが人生に悔いなし」      昭和61年(1986)夏、銀幕の大スター石原裕次郎さんが作詞家のなかにし礼さんをホテルに呼び出し、歌作りを依頼しました。なかにしさんはまだ … 続きを読む 沈黙の響き (その71)

沈黙の響き (その70)

田園を散策し、楽想を練るベートーヴェン

ベートーヴェンを突き動かした霊感

「沈黙の響き(その70)」 ベートーヴェンを突き動かした霊感       以前の章の「ベートーヴェンの失意と奮起」で、ベートーヴェンは32歳のとき、難聴に悩んで前途を絶望し、ハイリゲンシュタットから弟カールとヨハンに遺書 … 続きを読む 沈黙の響き (その70)

沈黙の響き (その69)

一世を風靡したサイモンとガーファンクル

サイモンとガーファンクルが歌う「サウンド・オブ・サイレンス」

「沈黙の響き(その69)」 サイモンとガーファンクルが歌う「サウンド・オブ・サイレンス」      私がまだほんの子どもだったころ、つまり1960年代、ギターを弾くユダヤ系アメリカ人のポール・サイモンと、ボーカルを担当し … 続きを読む 沈黙の響き (その69)

沈黙の響き (その67)

メダル5個を獲得したパラ競泳の鈴木孝幸選手

パラアスリートたちは私たちの“導きの星”だ!

「沈黙の響き」(その67) パラアスリートたちは私たちの“導きの星”だ!     ≪開催されるかどうか、苦しんだ選手たち≫  今回の第16回パラリンピックは新型コロナウイルスの影響が拡大するなか、国民の8割が懸念を示すな … 続きを読む 沈黙の響き (その67)

沈黙の響き (その65)

道は続いている

日本人に戦争の罪悪感を植え付けた米国

「沈黙の響き(その65)」 日本人に戦争の罪悪感を植え付けた米国     前回の投稿で私は、日本の占領政策について、アメリカが極秘裡で日本弱体化計画(「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」=戦争の罪悪感を日本 … 続きを読む 沈黙の響き (その65)

沈黙の響き (その66)

歓喜の雄叫びを挙げるベアトリーチェ・ヴィオ選手

パラリンピックよ、ありがとう!

「沈黙の響き(その66)」 パラリンピックよ、ありがとう! ≪失ったものを数えるのではなく、残されたものを最大限に生かそう≫  史上最多58個のメダルを獲得した東京オリンピックに続いて、8月24日から13日間にわたって、 … 続きを読む 沈黙の響き (その66)

沈黙の響き (その64)

原爆死没者慰霊碑の碑文

頭を傾げてしまう原爆慰霊碑の碑文

「沈黙の響き(その64)」 頭を傾げてしまう原爆慰霊碑の碑文     ≪謝るべきは日本なのか?≫ ところで話は再び、今年の原爆慰霊式典のことに戻ります。NHKテレビにハニワ型の原爆記念碑に刻まれている碑文「安らかに眠って … 続きを読む 沈黙の響き (その64)

沈黙の響き (その63)

チューリヒ湖

スイスでの講演に同行した佐伯宏美さん

「沈黙の響き(その63)」 スイスでの講演に同行した佐伯宏美さん      私が佐伯宏美さんを知ったのは、平成13年(2001)9月、スイス最大の商業都市チューリッヒで行われたJAL主催の講演会に参加されたことからでした … 続きを読む 沈黙の響き (その63)